本当は怖いコンテナの断熱、真剣に考える必要があります。
考えて下さい、結露の恐怖

断熱の重要性

コンテナハウスを考える方々の中で、
簡易なハコとして考える方がいらっしゃいます。

確かにコンテナは規格サイズのハコ物です。
建物を建てるよりは気軽にお値打ちに設置する事ができます。
それでいて、普通の建物よりも頑丈で安心感があります。
それに・・・個性的でカッコいいですしね✨

でも、頑丈な反面、建築よりもしっかり考えないと
色々な問題が起きます。

それが断熱性能と結露対策です。
なぜコンテナは特に断熱を考えないといけないのか?
考えていきましょう。

コンテナハウスの断熱性能と結露対策を考える

結露対策

結露を防ぐ事が重要

コンテナハウスで一番こだわるのは断熱と結露です。

コンテナは鉄の箱です。
個性的で非常にカッコいいですね。
非常に頑丈な反面、断熱をしっかりしないと
あまり快適に過ごせませんし・・・
実は結露で見えないサビやカビの原因になり、
快適なコンテナライフを送れなくなるかもしれません。

さて、快適な自分だけの秘密基地を手に入れる為、
結露はなぜ起こるのでしょうかを考えていきましょう。

結露

結露のメカニズム

結露は気温と空気中の水分の差が影響します。

空気の中に水が多く含む湿気が高い日などは、
建物内の空気や、窓に触れている空気の
気温が下がると水蒸気が水に形を変えます。
水に変わるとそれが設置面に水滴として出るのが結露です。
ただの水ですが、結露は非常に怖いのです。
窓ならカビが発生する事もあるでしょう。
でも、本当に怖いのは見えない壁の中です。
壁の中で発生した結露はほとんど外に抜けないんです。
(※一部の施工除く)

では、壁の中に水が溜まってしまう場合を考えましょう。
骨組みが酸化してサビてしまい、穴が空いてしまったり。
断熱材が水を含んでカビて空気中に菌がばら撒かれたり。
重くなり断熱材が落ちてしまい断熱が無い場所が発生したり。

何一ついい事なんてないんですよ!

怖いぞ結露!
壁の中はこうなっているかも?

◉結露が起きる場合のまとめ
1・空気中に含まれる水分が高い時
2・気温の差が大きい時(空気と空気の境目)
3・窓や壁などの物が温度を伝える速度が速い場合
断熱性能が低い場合※断熱性能とは熱を伝える速度)
4・断熱に欠損がある場合
(施工ミスで結露が発生し、断熱材が濡れて重くなり欠損が発生する等)

ACCESS

合同会社プレシャスコネクションへのアクセス情報を掲載しております

コンテナハウス、トレーラーハウスやリフォームの施工で実績のある合同会社プレシャスコネクションは、アットホームな店舗にてご相談を承っており、わくわくするご提案をお約束します。ユーロ物置などをベースにした大人の隠れ家で秘密基地を製作しております。詳しいアクセス情報を掲載しておりますので、ご来店の際は、ぜひご覧ください。
合同会社プレシャスコネクション写真
四日市スタジオ 合同会社プレシャスコネクション
住所 三重県四日市市久保田2丁目5-2 ATビル 2F
電話番号 059-356-8680
携帯番号 090-7855-6373
FAX番号 059-356-8681
営業時間 9:00~19:00
定休日 土曜日
※その他の曜日は打合せ等で外に出ている事が多いので、ご来店希望の方はご連絡下さい。
最寄駅 四日市駅より車5分
主なコンサルティング及び取引先実績 プラスガーデンネックス
ナガシマ工業株式会社
株式会社アサプリホールディングス
株式会社丸富工務店
有限会社エル
株式会社エル・パーク
アンディアーモ
お気軽にお電話ください
059-356-8680 059-356-8680
9:00~19:00
三重県四日市市久保田2丁目5-2 ATビル 2F

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。